「僕のうしろに道はできる」の上映と講演に行ってきました。

20141214-001239.jpg

20141214-001331.jpg
「僕のうしろに道はできる」[あらすじ]
脳幹出血で突然倒れた宮プーこと宮田俊也さん。宮プーは、山元加津子さん(かっこちゃん)の元同僚で、大切な仲間。宮プーは一生植物状態で、二度と体を動かすことも話ができるようになる日もないと思われたが、かっこちゃんはあきらめなかった。毎日病院へ通う。そして、奇跡の復活、でも奇跡ではなかった。植物状態と思われても、回復する道はある。命には驚くべき力がある。宮プーのことを知った人達が、生きる喜びを取り戻していく。広がる応援の輪、生まれる絆。人を思う気持ちが新しい常識を作っていく。
苦しみは苦しみで終わらない、絶望から生まれる希望のシンフォニー。